FC2ブログ
                                                    グリ-ン文字= リンク

 今年の1月17日の阪神淡路大震災の日は、SMAP解散騒動で くすんでしまい、日本の
報道機関の対応の不味さが表れましたが、今朝のSMAP騒動結末の 国民の反応をテレ
ビでこの目にし、考える所が出てきました。          [ 関連記事 ]
 
 まず固い事を言うようですが、SMAPは私人では無く 『スター』という公人で有るという事
が国民みんなが感じる事ができたのは、良かったと思われます。つまり公人を分かり易く
言うなら、SMAPは『国民みんなの為のSMAP』と言うことです。単なる一人×5のGroupと
言うものではないと言うことです。
 今 日本の半数位の人々は、自由を始めとする個人の権利を無造作に振り回し、周りの
人々や社会に多大な迷惑を掛けています。今回の騒動もSMAPの何名かと取り巻きの拝
金主義の人達の行き過ぎた自由『我が儘』の結果としかいえません。
 しかしよく踏み止まってくれました。ここでSMAPの誰かが『我が儘』を通し、解散になって
いたら、日本の若者たちに また悪い見本となっていたはずです。

 今回のSMAP騒動で現代の若者たちに感じて欲しい事は、たとえSMAPのような芸能人
でない一人の人間で有っても、常に社会や世界との関係性なくては、人は存在価値が無
いという事を理解して欲しいのです。今の日本の大人達は稚拙で、昔の大人の様な道理
をキチンと言う人が減ってしまいましたが、『人は社会や世界で役に立ってこそ人間』です。
 
 若者の皆さん、木村君を手本に自分の生き方を問うてください。

スポンサーサイト