FC2ブログ
                                                    グリ-ン文字= リンク
 明後日 26日のNHK大河ドラマ花燃ゆで、吉田松陰先生が 『崇高な死』 を遂げられます。
なぜ松陰先生の死を 『崇高な死』 と表現したかと言うと、それは 『志』 の為の死だからです。
では松陰先生の志とは何だったのか? それは一言で言うと 『世のため人のため』、堅い言葉
で言うと 『公共の福祉(社会構成員すべての利益 ・みんなの幸せ)』 だったのです。
 20年程前に この話をしたら、二十歳前後の若者から 「松陰先生が悪い志を持って死んだら
何の死と言うのか?」 と聞かれました。 40歳の頃の私は一瞬躊躇(ちゅうちょ)しながらも、この
青年は志の意味を習っていないんだと思ったのでした。      [ 崇高な死の一例 映像 ]

 また話が飛びますが、私たちの世代は彼の『少年よ大志をいだけ』 のクラーク博士のことを皆
知っていましたし、志の意味も中学校の先生が授業中脱線して話してくれていました。 広辞苑
を見れば分かりますが、日本語では 悪い志 と言う使い方は有り得ません。

 では『夢』 はどうでしょう? 良い夢・悪い夢 どちらの使い方も日本語には有ります。  例えば
数ヶ月前、コンビニのお菓子に つまようじを混入させて、その様子をネット配信して指名手配さ
れていた若者が、「日本一の万引き名人になるのが夢」だと豪語していました。つまり 『夢』とは
単なる個人の願望、少しキツイ言葉で言うと 『欲望 ・我欲』 の範ちゅうと言うことです。だからこ
そ昨今の一部の若者が 「私の夢はセレブになる事」 などと、当たり前の様に言うのです。

 最後に、松陰先生は次の様にも言われています。
志なくして始めた学問は、進めば進むほど、その弊害は大きい。
大事に臨んで進退を誤り、節操を欠き、権力と私欲の前に屈する。

 良い夢の先に 『志』 を持って生きれたら、充実した人生を送れるのではないでしょうか。
 
スポンサーサイト



                                                    グリ-ン文字= リンク
 熊本市は昨日やっと、統一地方選挙前半戦が終了しました。
市民の皆様も ご承知の様に 『得票同数くじ引き』 と言う事で、昨日くじでの最終議席の確
定と、何とも後味の悪い結末でした。            [ 関連記事 ]

 今回の選挙は政令指定都市となり、区ごとの投票となり様々な弊害がでた選挙でした。
1. 北区の候補者10名は、立候補が定数内なので無投票で、 『無投票当選』
2. 区ごとに最下位当選者の得票が違うので、南区では4515票で落選、東区では2983票で
  当選、 『法の下での平等が守られていない』
 ※前回通りの全市一区で選挙をやっていれば、この様な不公平は起きなかったのです。

 そもそも人口が3万人増えたからと言って、5区に分割する必要が有ったのか? 区を多
くすればするほど、『行政コスト』が増額するのは 当たり前の事なのです。区役所の位置も、
北区・南区・西区は多くの市民に不便さを押し付けているのが現状です。

 『 悪法も法なり』 との言葉が有りますが、今回のケ-スはまさにそのものですね。

                                                    グリ-ン文字= リンク
 まずもって、今回の市議会議員選挙において8回目の当選の栄誉をお受けしました事に、
心から感謝申し上げます。 振り返りまするに7期28年の年月は、過ぎてしまうと 『あっと言う
間』 と感じられますが、その間の一つひとつの出来事を思い起こすと、波乱万丈だったなと
感じ入ります。 無論、人の一生はそれぞれ皆 『大河ドラマ』 の様であるかと思いますが・・・。

 日本全体が 『アングロサクソンの拝金主義』 に穢れてしまった今日、今一度、日本独自の
『共同・共生』 の考え方を復興しなければ、多くの日本人は、生涯 安らかで心豊かな人生を
送る事ができなくなってしまいます。

 政治は、全ての国民が少しでも 仲良く助け支え合える国家を創るべきです!
国のお金儲けより、一人ひとりの国民の心豊かな日々の生活を第一に考えるべきです!

 8回目の 『市政改革』 のチャンスをお与え頂き、本当に感謝申し上げます。

 先程9日間の選挙遊説、無事に終了いたしました事、ご報告と感謝申し上げます。
今回は先のBLOGでお話ししました様に、僅かのことですが税金を少しでも節約する為に、通常
の大型スピーカを付けた選挙カーを使用しませんでした。 前回のBLOGの写真の様に、軽自動
車の車内にメガホンを付けて遊説をしましたが、街頭演説の回数の方がはるかに多かったです。

 明日はいよいよ投票日となりますが、街頭演説で私がず~と言い続けいます、日本における
これからの地方議員の仕事、 『戦後の地方議員の役割は戦災復興と、人口増大に伴うインフ
ラと公共施設の整備による都市の拡大化が大きな役目でした。 しかし、バブル崩壊以降の地
方議員の役割はまったく変わりました。それは人口減少社会に対応した、都市の縮小化を如何
にスムーズに市民とのパイプ役として務められるのか、手腕が試されるのです。』
 『人口減少社会おける地方議員の役割は、労働者人口減による税収減の中、限られた財源を
何に使うのか [選択と集中] の決断ができなければなりません。今までのような 「俺の町だけ良
ければよい」 などと考える政治家は [子孫に借金を残す] だけの最悪の結果を招くだけといなり
ます』 と言う新しい価値観が、一人でも多くの市民の方々にご理解頂ければと念願しています。

 私は  今も大事、未来はもっと大事! と考えます。

2015.04.07 選挙カーです
 市民の皆様の ご家庭に、『選挙公報』が配布された頃かと思います。
その公報の、私の政策1 に少しでも寄与する為、今回の選挙戦では一般的な選挙遊説カーは
使わない事としました。一般的な大きなスピ-カ-を付けた選挙遊説カーを使用しますと、公金
から20万円程の補助金が出るのです。20万円と笑わないで下さい。50人が私と同じ事をする
と1000万円の税金を使わなくて済むのですから・・・・・。
 私は一貫して、税金の無駄遣いをしない事を、議員として訴えてきました。今日本は人口減少
社会になっています。つまり税金は集まらなくなるのです。  人口減少社会おける地方議員の
役割は、労働者人口減による税収減の中、限られた財源を何に使うのか『選択と集中』の決断
ができなければなりません。今までのような「俺の町だけ良ければよい」などと考える政治家は
『子孫に借金』を残すだけの最悪の結果を招くだけといなります。

   sennkyo_car_20150407.jpg

 私は、道路を流す遊説はあまりせず、街頭演説を沢山しています。見かけられたらご声援頂け
れば幸いです。なお、現職議員6名の申し合わせでは遊説は9:00~18:00、街頭演説は8:00~
20:00、最終日の11日はすべて8:00~20:00としています。