fc2ブログ
                                                     グリ-ン文字= リンク 本日、6月議会が閉会しました。

 今議会は、現市長が11月の4期目の選挙に、6月議会開会間際に不出馬を発表したため、
議員もマスコミも議会中はその話で持ち切りの異様な雰囲気の議会でした。 なにせ 殆どの
市民・マスコミ・議員は4選出馬と思い込んでいたのですから。  理由は今一つ定かではあ
りませんが、本市の総合計画も見直されたばかりですし、 熊本市政においての最大規模の
事業のMICEをスタートさせると決定した直後の事ですので、摩訶不思議な感は否めません。
 新市長に託すという訳ですからね。

 さて、そのMICEに関して私が 『熊本市自治基本条例』 制定の時に激論を交わしていた
西村文雅氏より、MICE見直しの陳情書が出されていました。  [MICE見直し陳情書]

 私もこの陳情書とほぼ同意見です。 人口減少社会の中で、国も地方自治体も借金を減
らす事に躍起になっているときに、いったい熊本市は何を考えているのでしょうか?

                                         [ 3月25日BLOG ]


                                                   グリ-ン文字= リンク
 今日は6月1日。 私の住む熊本では、厄入り・厄晴れや還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・
卒寿・白寿
などの長寿の祝いをされる方が一番多い日です。  私の地域では公民館に
70名程の方々が集い、17名の該当者をお祝いしました。公民館での祝宴の前に隣接し
た八幡宮で神事が有りました。 皆さん真剣なおもむきで手を合わせておられました。
 ふと、何を考えて手を合わせておられるのかな?  と思い・・・、多くの日本人が普通
にする 『我欲信心』 でなければ良いがな~ と思って見ていました。

 そもそも多くの日本人が、何となくも含め 関係しています仏教(仏道)でのその原点に
おいての目指すものは、我欲と言う煩悩からの解脱による 『悟り』 なのです
から、 『我
欲信心』 は本来、邪道そのものなのです。 とは言ってもそれが実践できる人間は、お釈
迦様やマザーテレサ女史を始めとする一握りの方々しか居られない訳です。私もそれを
人生の最終目標として生きていますが、 まだまだ遠き途です。
 
 さて、4大宗教(ユダヤ・キリスト・イスラム・仏道)の始まった時代は、それぞれの地域
に大変貧しい人々(奴隷等)が多数おり、そういう人々の救済も当時の宗教の大きな役
割だったはずです。その様な社会背景を考えれば、様々な布教団体(各宗派)が 『我欲
信心』 を行ってきたことも分からないではありません。 しかし、現代のような科学物質
文明の発達した先進国の中で、日々 強烈な我欲を多くの人々が持つ社会の中では、
『 我欲信心は 百害あって一利なし』 と言っても過言ではありません。 


 私はその事を、各宗教宗派の布教団体の方々に警鐘を鳴らしたいのです。 皆さん、
くれぐれもお金をいくら出したら幸せになれるとか望みがかなうなどと言う、邪宗に近寄
らないでください。我欲を出来るだけ小さくして、自分を地球の小さな細胞の一つと考え、
少しでもこの地球や世界に役に立つ生命になろうではありませんか !!!

追記:先祖供養は宗教と考えるよりも、自分の生命のルーツに対する感謝と考えるのが
分かり易いかもしれません。 人の道ですかね~~・・・。