fc2ブログ
                                                     (グリーン文字=リンク)
 BLOGが前後してしまいましたが、先週金曜日に開催されました特別委員会のご報
告を致します。


 今回は熊本市の企画振興局と健康福祉子ども局の現時点における財政健全化への
取り組みについて、下記の項目で詳細に報告が有り各議員からの質疑及び意見聴収
を致しました。
 1.市民公益活動支援基金について
 2.熊本市地域コミュニティセンターの運営について
 3.健康づくり対策について
 4.介護予防事業の取り組みについて

 3時間20分に及ぶ意見交換を行ないましたが、意識が違うと言うか思考が違うと言う
べきか・・・、先例踏襲・非成果主義を切り替えてもらうには、まだまだ前途多難の状況
です。
例えば今後、国・地方を含め最も財源がいると想定されている高齢者の介護費
用に関して、熊本市では僅か2年先までしか試算していないのです。人口推計は皆様
のご存知の通り本年2月に新推計が発表されていますので、試算は5分で出来るはず
です。今回初めて委員会で試算を発表してもらいましたが、本年度総費用485億が13
年後の平成37年度では最低669億~最高830億と試算されるとの発表がありました。
またこの様な試算をしたのは熊本市としては初めてであるとの事でした。

 この事一つ取っても日本の地方自治体の単年度会計主義の弊害が如実に現われて
います。 『賽の河原』 で小石を積む子供の様な作業となりそうですが、一歩づつ前進
して参ります。
スポンサーサイト