FC2ブログ
                                          ~幸せを提案する本のコーナー~

 この本は、ある程度の年配の方はご存知と思いますが、もう半世紀も前にアメリカ
レイチェル・カーソンという、地球を愛し人類をこよなく愛する一人の女性によって
書かれたものです。

  [沈黙の春 要点]    [カーソン女史映画]    [カーソン日本協会]

 今の時期に 私がこの本を推薦するのは、昨日NHKで知ったのですが今日はカー
ソン女史が没されて50年の命日だそうで・・・・・、昨今の原発の度々の汚染水漏れや
再稼働にとても不安をもつからです。今の様なやり方では、子孫に取り返しのつか
ない汚れた自然と 莫大な借金だけを残す結果になってしまいます!!!


         
   新潮社     定価724円(消費税8%価格)     (グリ-ン文字= リンク)

                                          ~幸せを提案する本のコーナー~
 
 今日は 『花まつり』、 私は仏教徒 (法華教の行者)ですので、この日は何となく我が家
から見える仏舎利塔を見ながら、 お釈迦様は現代の世界をどう見られているのかな~
と思いを巡らします。そもそも仏教思想からしますと今の時代は正法の時代・像法の時
代を経て末法時代
に入って1000年経った時代で、この清濁混迷の時代は後9000年続く
と言うのですから、お釈迦様は 「私の予言の通りである」 と言われるのかもしれません。

 さて、前回の推薦本で 『躾』 の本を提案しましたが、 昨今の稚拙な事件の数々を見て
いますと 『躾』 すら考える事の出来ない親の家庭の子供が大人になって事件を起こすの
ではないかと推察いたしました。

 であれば、もう親と子が、少々の摩擦が有ってもなるべく同じ空間の中で、共に育て合う
関係を作るしかないかと考え、この本を選びました。
 この本(厚さ3.5㎝)では、核家族化し、独立した鍵の掛かる子供室が、親子断絶の原因
であり、健全な社会性を育む事を阻害していると言うことを、 様々な歴史的事例をもって
証明しています。
 私は親としての反省の意味も込めて、皆さんにこの本を 『孫』 のためにお薦め致します。

      
推薦本概略   新品絶版・中古本価格 様々 Amazon中古本       (グリ-ン文字= リンク)

                                          ~幸せを提案する本のコーナー~

 先週 『躾』 について、ロシアは民主国家としての 「 しつけがなってない」 と日刊新聞
に記載されていました。
 そう言えば昨今、『躾・しつけ』という言葉を余り耳にする事がなくなってきている様な
気がしましたので、我が家の書棚の奥の奥に有った、私の母が昭和60年頃、私の子供
のために買ってくれたこの本を、今回の推薦本と致します。

 この本の冒頭に 「良いしつけとは、子どもたちが、幸せな、良き社会人になるために
必要なことを、身につけさせるためのものなのです。ですから、しつけとは、家庭ででき
るいちばん大事な仕事です。」 と書いてあります。
この 『幸せな、良き社会人』 という言葉、これこそが 『躾』 の真骨頂なのです。
 また結びに書かれている昭和39年~昭和58年までの日本の 『母子健康手帳 副読本
赤ちゃん』 という本の恐ろしさ (この話は熊本県知事 潮谷義子著の心の誕生にも記述)
もとても意味深き話しです。
                         [ 児童の権利に関する ジュネーブ宣言第5条] 
 さあ、我が子を幸せな良き社会人に育て、世界平和に貢献いたしましょう。

     
三笠書房   新品絶版・中古本価格 様々 Amazon中古本    (グリ-ン文字= リンク)

                                          ~幸せを提案する本のコーナー~
 
 小保方女史があの様に素晴らしい 『永遠の生命論』 『死生観』 を広められており
ますので、今回は大上段に構えて、この 『死を考える100冊の本』 をお薦め致します。
 この本は、死を考える・・・・・となっておりますが、それは著者の販売戦略の為のキ
ャツチコピーであって、正確には 『死生観を考える100冊の本』 と言う題名が適当か
と思っています。
 私はこの本に載っている100冊の本を完読した訳ではありませんが、死生観はその
人の人生体験・経験の度合いによって相当の幅があります。だからこそ様々な人間
の死生観を知る事は、己の生命そのものを問う事となるはずです。

 皆さんの充実した人生を祈念いたします。[3月15日BLOGへ続く] [4月10日BLOGへ更に続く]        
           
 到知出版社    定価1470円 (消費税5%価格)        (グリ-ン文字= リンク)
                                          ~幸せを提案する本のコーナー~
 
 携帯電話やスマートフォン、またはパソコンゲーム等の無秩序な蔓延により、社会
全体にコミニュケーション欠落型の人間や依存型人間、さらにはサイバー犯罪まで
広がりつつあります。
 今回の推薦本は12月議会で市教委へも提案しました、現役の高校生達が文明の利
器であるケータイやスマホを賢く使うために、5年の年月を掛け作ったハンドブックです。
そしてあまりの出来の良さに先生達が大人用(右)も作られたそうです。
 是非、我が遺伝子をバトンタッチする子供達を守るために、ご活用下さい!!!     
                                            [目次]

     

 学事出版    定価630円 (消費税5%価格)       (グリーン文字= リンク)